無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

十話
爆豪目線────────────────
俺は恋なんかいらない。
いつも思ってた。
だけど文化祭がはじまってから何かが変わった。
それは、いつの間にか訪れたんだ。
耳朗響香
耳朗響香
爆豪!どうだった?私が貸したCD。
爆豪勝己
爆豪勝己
良かった。耳女の癖にセンスが良かった。
耳朗響香
耳朗響香
良かった❗また貸すね❗
爆豪勝己
爆豪勝己
ドキッ……おう(なんなんだよ今のは……)
その日から俺は何かが変わった。
あいつの事を耳女と言わなくなった。
戦闘授業で、同じ班になったときはあいつの事を守りたくなった。
あいつが、上鳴と話しているとモヤモヤするからわざとよくCD借り、
上鳴があまり喋りかけないようにした。
でも上鳴は、あいつを遊園地に誘った。
しかもOKで、一緒に観覧車に乗って自撮りしてる写真とかが送られてきた。
負けるのが嫌いな俺はあいつをライブに連れて行って遊園地よりも楽しい思い出にする事にした。
そうすればあいつは気付いてくれるだろうか。
俺のこの気持ちに、
───────────────────────────────
Nanatora
Nanatora

今回少なくてすみません😣💦⤵
掛け持ちしてるので、遅くなってます💦
Nanatora
Nanatora
宣伝するのですが、歌い手が好きな人には、おすすめです❗
Nanatora
Nanatora
総合ランキングにも載ってるので見てみて下さい❗
よろしく😉👍🎶
全員
全員
バイバイ➰👋😃