無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

仲直り②
奥村いづみ
(不二先輩は……いた!)
リョーマくんの誤解を解いて不二先輩を探していると、乾先輩と一緒にいる所を見つけた。
乾貞治
乾貞治
どうだ。新作の乾汁300号は…。
不二周助
不二周助
うん!これも美味しいよ。
奥村いづみ
(い、乾汁飲んでる…。)
奥村いづみ
不二先輩!お話…いいですか?
不二周助
不二周助
奥村さん…。
乾貞治
乾貞治
(この雰囲気から、俺が退散した方がいい確率…97%…否100%だ。)
乾貞治
乾貞治
急用を思い出した。…ではな。
タッタッタッ…
不二周助
不二周助
……。
奥村いづみ
あの…。この間はごめんなさい!
でも、誤解なんです。向日さんと慈郎さんは、私の事庇ってくれたんです。
私が変な行動をとって、勘違いさせてしまって本当にごめんなさい!
私は頭を下げる。
なんて言われるのか…私は目をギュッと瞑った。




















不二周助
不二周助
…顔を上げて。




私が顔を上げると、不二先輩の手が私の頭に触れた。
奥村いづみ
不二先輩…?
不二周助
不二周助
それじゃあ…怖い思いはしてない?
奥村いづみ
はい…。
不二先輩はそのまま私の頭をポンポンと撫でる。
不二周助
不二周助
良かった。
不二周助
不二周助
君が怖い思いをしてないならいいんだ。
謝る必要もないよ。
不二周助
不二周助
だから…いつもみたいに笑って?
奥村いづみ
…っはい!
奥村いづみ
ありがとうございます…。
不二周助
不二周助
関東大会、頑張ろうね。(^^)
奥村いづみ
はい!
不二周助
不二周助
それじゃあ戻ろう。













▬▬▬▬ஜ۩۞۩ஜ▬▬▬▬
手塚国光
手塚国光
明日はついに関東大会第2試合だ。
みんな、油断せずに行こう。
青学レギュラー
はい!!
 








NEXT▷▶︎▷▶︎