無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

仲直り①
ー次の日ー






ピロリロリン♪
奥村いづみ
ん〜…。
奥村いづみ
こんな朝早くに…。
ってことは、手塚部長?
手塚国光
手塚国光
“1日練習あり。
7:00~なので、遅れないように。”
奥村いづみ
7:00から?
いまは5:30かぁ…。
手塚部長は早起きだなぁ。
「了解しました」のメールを送り、
私はベットから起き上がって、身支度を始めた。




















ー電車の中ー
「◯◯駅〜。◯◯駅〜。お出口は右側です。」
とある駅についてドアが開く。
自然とドアの方に顔を向けた時…
電車に入ってきた、向日さんと慈郎さんと
目が合った。
向日岳人
向日岳人
…っ!
人の流れに押されて、
向日さん達は自然と私の方へ来た。
向日岳人
向日岳人
奥村…。
奥村いづみ
向日さん……。
…ごめんなさい!
向日岳人
向日岳人
えっ…。
奥村いづみ
私が青学のマネージャーだってこと言わなくてごめんなさい。
でも、スパイはしてないんです!
芥川慈郎
芥川慈郎
んー?そんなの知ってるC〜。
奥村さん、いい子だC〜!
向日岳人
向日岳人
謝る必要なんてねーよ。
こっちこそ…ゴメン。
奥村いづみ
許して…もらえるんですか?
向日岳人
向日岳人
もちろん!
許すも何もねえからな!
奥村いづみ
…っありがとうございます!
向日岳人
向日岳人
でも、侑士達の誤解は解かなきゃだよなぁ。
奥村いづみ
そう…ですね。
芥川慈郎
芥川慈郎
んー。今度ウチの学校に来てみたらE〜と思うよ〜。
奥村いづみ
氷帝学園に…ですか?
芥川慈郎
芥川慈郎
跡部には俺から頼んどくC〜!
向日岳人
向日岳人
いいんじゃね?
奥村いづみ
は、はい!
お願いします!
「次は、△△駅〜。△△駅〜。」
奥村いづみ
あっ。私、ここで降りますね。
向日岳人
向日岳人
おう!じゃあな!
芥川慈郎
芥川慈郎
またね〜!



































青春学園テニスコート
奥村いづみ
(そういえば、不二先輩と越前くんの誤解、まだ解けてないんだった…。)
奥村いづみ
(部活が始まる前に話せないかな?)
越前リョーマ
越前リョーマ
…先輩、何突っ立ってるんスか?
奥村いづみ
えっ?!
後ろを振り向くと、越前くんが立っていた。
奥村いづみ
越前くん!おはよう。
越前リョーマ
越前リョーマ
おはよう。
奥村いづみ
あの…この間のことなんだけど…。
越前リョーマ
越前リョーマ
……。
奥村いづみ
あの時は助けてくれてありがとう。
でもね、向日さんと慈郎さんは私を庇ってくれてたの。だから…変な誤解、してるんじゃないかなって思って…。
越前リョーマ
越前リョーマ
ふーん…。
奥村いづみ
本当にごめんなさい。
でも、ありがとね!
越前リョーマ
越前リョーマ
…っ!
その笑顔は反則でしょ…。(ボソッ)
奥村いづみ
越前くん??
何か言った…?
越前リョーマ
越前リョーマ
…じゃあさ、俺の事これから名前で呼んでくれたら許してあげる。
奥村いづみ
えっ?
越前リョーマ
越前リョーマ
……。
奥村いづみ
別にいいけど…
越前リョーマ
越前リョーマ
そう。じゃあ、また部活で。
いづみ先輩。
奥村いづみ
う、うん。

















NEXT▷▶︎▷▶︎