無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

無我の境地
日が沈みかけてきた頃、とあるテニスコートで試合が始まろうとしていた…。







ジャッカル桑原
ジャッカル桑原
おい赤也!マジでやるのか?!
丸井ブン太
丸井ブン太
やめとけよ!真田にブチ切られるぜぃ!
さっき偶然通り過がった、丸井さんと桑原さんと共にコートの外で2人を見守る。
奥村いづみ
(リョーマくん…。赤也くん…。)
切原赤也
切原赤也
これは俺の問題なんで。
先輩達は見ててください
丸井ブン太
丸井ブン太
お、おう…
ジャッカル桑原
ジャッカル桑原
あいつ、やる気だな…。

「ザ ベスト オブ 1セットマッチ
越前サービスプレイ」















ジャッカル桑原
ジャッカル桑原
おい、ブン太。見ろよ赤也の目が!
丸井ブン太
丸井ブン太
真っ赤に充血してきやがった!
橘相手に戦ったときと同じだ!
ジャッカル桑原
ジャッカル桑原
赤也のやつ、対戦相手を潰す気か!?


赤也くんの打球がリョーマくんの膝に何度も何度も当たる。
奥村いづみ
リョーマくんっ!!!
越前リョーマ
越前リョーマ
…大丈夫…っス…。
奥村いづみ
赤也くんっ!もうやめて!!!
切原赤也
切原赤也
…。










ドゴーンッ!!
奥村いづみ
(…今のは、桃城先輩のダンクスマッシュ!?)
奥村いづみ
(河村先輩の波動球に…英二兄ぃの菊丸印のステップまで!)
奥村いづみ
(リョーマくんが…先輩達の技を?!)
切原赤也
切原赤也
なんなんだコイツ!!
越前リョーマ
越前リョーマ
…You still have lots more to work on.
(まだまだだね。)
切原赤也
切原赤也
…ふーん。
ジャッカル桑原
ジャッカル桑原
(アイツ絶対意味分かってねぇな。)
丸井ブン太
丸井ブン太
(赤也のやつ、英語苦手だもんな。)














「ゲーム セット ウォンバイ 越前 6-4」
切原赤也
切原赤也
俺が……、負けた?
越前リョーマ
越前リョーマ
…ふーん。
たいしたことないじゃん。アンタ
切原赤也
切原赤也
…なっ!?
越前リョーマ
越前リョーマ
…先輩行こ。
リョーマくんは私の手首を掴んで、歩き出した…。













…が、突然意識が途切れたかのように倒れ込んだ。
奥村いづみ
リョーマくん!?
越前リョーマ
越前リョーマ
…(。´-д-)。o○Zzz
奥村いづみ
…寝て…る?
丸井ブン太
丸井ブン太
おい!大丈夫か!?
奥村いづみ
はい…。寝てるみたいです。
丸井ブン太
丸井ブン太
はぁ?寝てる??
奥村いづみ
…リョーマくんを家まで送ります。
丸井さん達は赤也くんのこと、家まで送って上げてください。
丸井ブン太
丸井ブン太
お、おう。












…私はリョーマくんを背負って、駅の方へと歩き出した。













NEXT▷▶︎▷▶︎