無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

関東大会③
🚪ガチャ
奥村いづみ
ただいま〜
切原赤也
切原赤也
フンフンフーン♪
奥村いづみ
赤也くんご機嫌だね?どうかしたの?
切原赤也
切原赤也
大会で第1試合圧勝したんだ!!
奥村いづみ
良かったね!
切原赤也
切原赤也
ああ!いづみのマネージャーしてる学校も大会出てるんだろ?青春学園…だっけ?勝った?
奥村いづみ
うん。…でも
切原赤也
切原赤也
でも?
奥村いづみ
ううん。なんでもない!
奥村いづみ
第2試合は3日後だっけ?
切原赤也
切原赤也
ああ。
だから、明日と明後日は1日練習。
奥村いづみ
そっか、頑張ってね!
切原赤也
切原赤也
お前の学校もいい所までいけるといいな!
奥村いづみ
…うん。
あなたは部屋のドアを開け、中に入る。

🚪バタン






ドアに背を持たれ、しゃがんだ。
目には涙が滲んで視界がぼやける。
奥村いづみ
(どうしてこうなっちゃったんだろ…。みんなの誤解を解かなきゃ…だよね。)
奥村いづみ
(向日さん達には謝って…
忍足さん達は誤解を解いて…
不二先輩達にも
ちゃんと説明しなきゃ…。)










こうして関東大会第1試合のこの日は終わった。








NEXT▷▶︎▷▶︎