無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

お弁当
翌日








ピロリロリン♪
奥村いづみ
んー…。
朝目が覚めるとメールの着信音が部屋に響いた。
奥村いづみ
(誰だろ…)
手塚国光
手塚国光
“今日の練習はレギュラーメンバーのみで行うため、奥村は休養を取るように。”
奥村いづみ
…レギュラーメンバーのみで?
(なんでだろ。)
奥村いづみ
“了解しました”
疑問を抱きつつもメールを返す。
すると、ドアのノック音が聞こえた。
赤也の母
赤也の母
いづみちゃん、起きてる?
奥村いづみ
はい。
🚪ガチャ
ドアを開けると赤也くんのお母さんが弁当箱を持って立っていた。
奥村いづみ
どうしたんですか?
赤也の母
赤也の母
今日は1日練習って言ってたのに弁当置いてっちゃったのよ。悪いけど、届けに行って入れないかな?
奥村いづみ
いいですよ。
立海大付属中学校ですよね。
赤也の母
赤也の母
そう!お願いね。
奥村いづみ
はーい。
私は急いで身支度を済ませると立海大付属中学校を目指して歩いた。