無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

アバハウス❷
そらちぃ
そらちぃ
カーンパーイ
リクヲ
リクヲ
パーイ
エイジ
エイジ
パーイ
ツリメ
ツリメ
パーイ
あなた
あなた
パーイ
ゴクゴク。
エイジ
エイジ
ああ”
ツリメ
ツリメ
りっくんおつまみ足りないからもう一回外に出て
リクヲ
リクヲ
ねえなんでまたパシらせるのー
あなた
あなた
まってウチのお迎えもパシらされたとでも
リクヲ
リクヲ
え 待って 違う
そらちぃ
そらちぃ
あ りっくんヒドイー
ツリメ
ツリメ
あ“ー
エイジ
エイジ
ww
リクヲ
リクヲ
ねええ違うし聞いて
リクヲ
リクヲ
聞いて聞いて聞いて
プチパニクって
床を叩きながら頭を振って
体で跳ねるりっくん。
あなた
あなた
冗談だからw
そらちぃ
そらちぃ
ww
ツリメ
ツリメ
じゃあさ じゃあさ
エイジ
エイジ
なに
ツリメ
ツリメ
一気飲みして 一番遅い人がパシリ
そらちぃ
そらちぃ
いいねーw
エイジ
エイジ
おし
リクヲ
リクヲ
外もう暗いから二人にしてー
あなた
あなた
じゃあ一番遅い二人ねw了解
よーい
ツリメ
ツリメ
ドン!
流石Youtuber

こういうのに慣れててスピードがパネェ

頑張って飲むがなかなか追いつかない。

まぁビリ確定だなぁ

そして二番に遅いのはそらちぃかなw


そう思ってたけど



まさか







アバハウスに花火が。