無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

いい加減に..
ちょっとお出掛けしただけなのに。
近くのコンビニへ買い物しに行ったら、

またもや 自分を知らないのに

表で人を判断する 自分が嫌いな人々に

バッタリ会う。
あなただよね
うわあ 本当だ
めっちゃブスー笑
アバ虫笑笑
ストレスに繋げて

溜まる

嫌味だ。



私は逃げる事せず、

自分のお買い物をする。
いらっしゃいませー
あなた
あなた
あと コロッケ一つ ください
分かりましたー
おい コロッケだって
へー私がやんの?
めんど
不機嫌そうに働く二人。
あなた
あなた
(幼稚だな)
イライラしそうだ
コロッケ もう一つお願いします
後ろから追加注文。

イタズラもほどほどにして欲しい。

あなた
あなた
あのな
あなた
あなた
..って
か..かしこまりました!
失礼致ししました!
焦り出し てんやわんやする 二人。

そりゃそうだ
あなた
あなた
りっくん..
リクヲ
リクヲ
コロッケいただくね笑
ニコっと 優しく微笑むりっくんは

心を ホッとさせた。