無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第112話

サヨナラ、
🎶My Favourite Clothes -RINI

(ぜひ音楽と一緒にご覧になってください!)





  < そらちぃ  side >
そらちぃ
そらちぃ
お前がっ…
.









そらちぃ
そらちぃ
すき










あなた
あなた






























そらちぃ
そらちぃ
ウソ笑
あなた
あなた
あなた
あなた
なんだよもう笑
そらちぃ
そらちぃ
ははw
あなた
あなた
びっくりしたー
そらちぃ
そらちぃ
ウソに決まってるじゃんww








































僕は涙を堪えるように目を細めて、
心悲しいのを誤魔化すように大声で笑った。




















君との時間を無駄にしたくないから、
必死に胸の痛みを無視して、




















君の頭をクシャグシャにして、
大切な友達だよと 言い聞かせる。



















あなた
あなた
そらも私にとって
















あーダメ言わないで









あなた
あなた
大切な友達だよ
そらちぃ
そらちぃ
ありがとう笑
笑える。









あなた
あなた
待って 携帯忘れた
そらちぃ
そらちぃ
なにやってんだよw
なにやってんだよ。









あなた
あなた
ちょっと行ってくるね
そらちぃ
そらちぃ
ここで待ってるわ 行っておいで





















彼女が視界からいなくなった瞬間、





僕はしゃがんで、頭を抱えた。









そらちぃ
そらちぃ
はぁぁ















会えなくなった瞬間 会いたい気持ちでいっぱいで、















目の前にいても、もっと欲しがってしまう。




















それらの気持ちを










僕は今から全部 忘れなきゃいけないのか。















はは
































時間かかりそ。