無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

夢の色は出来たら赤にしたい
***🎶Orange Sugarと一緒にご覧いただけましたら幸いです***
UUUM
あなたさんスタンバイお願いします
あなた
あなた
はい!
モニター前で 待ち構える私。




緊張...より、なんだか興奮する。




夢が叶った感じ?なんてね。



後輩
後輩
後で最高のスマイルお願いします!笑
と、後輩からのメッセージ。



観客席からカメラを構えてくれている、



私の大好きな後輩。


あなた
あなた
(彼女のお陰で
ここまで来れた部分もあるしな)
トントン、と後ろから肩を叩くエイジ。
エイジ
エイジ
緊張は?
あなた
あなた
んーしてない
エイジ
エイジ
いいね





エイジは




エイジ
エイジ
がんば






笑った時のほうれい線 とか





エイジ
エイジ
ちゃんとみてやるから






ちょっと猫背なところ とか





エイジ
エイジ
あなたの






素直じゃないのに





エイジ
エイジ
夢が叶う瞬間







大切な話はちゃんと伝える ところ












とか


















全部




あなた
あなた
行ってくる
エイジ
エイジ
(手を振る)
.

















大好きだ。