無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

近い
そらちぃ
そらちぃ
二人ずつ見てほしいから、
グッチョッパーして下さい!
今回の動画はそらが持って来た企画。
私と他のメンバーは何も知らないまま
そらの指示に従って行動している。
ツリメ
ツリメ
いくよ
ツリメ
ツリメ
チームー決ーめのグッチョッ
ツリメ
ツリメ
パー!!🖐
リクヲ
リクヲ
エイジ
エイジ
あなた
あなた
✊おっ
そらちぃ
そらちぃ
おお!一発で分けれた!
そらちぃ
そらちぃ
じゃあ最初はリクヲツリメチームから見ていきましょう!
エイジ
エイジ
俺たちは?
そらちぃ
そらちぃ
えいちゃんとあなたさんは部屋で待ていて下さい!
あなた
あなた
了解でーす
動画撮影はお互い敬語で喋る事にした。
あなた
あなた
どの部屋?
エイジ
エイジ
付いてきて
私達は、

隣の小さな部屋で待つ事になった。

狭い空間で、

エイジと

肩と肩を並べて

体育座りしながら

待っている。
あなた
あなた
・・・
エイジ
エイジ
・・・
静寂に包まれた空気に気まづさを感じながら、
エイジのちょっと詰まっている鼻音が聞こえてくる。
体調悪いのかな

昨日の夜で体冷えたのかな

話す話題を探る言い訳して

君の事を色々考えてしまう。
どうか
バクバクしてる心臓の音だけは
聞こえない様に。