無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第98話

夏のデート服③審査
                           < リクヲ  side >
はじめしゃちょー
ダァ!
ツリメ
ツリメ
わぁ!ビックリしたー
エイジ
エイジ
www
エイジ
エイジ
女装似合うんだよなぁー
そらちぃ
そらちぃ
wwwwww
はじめしゃちょー
ほおほおほお
ジョージ
なぁるほぉどねぇー
リクヲ
リクヲ
オカマもう一人来たw
そらちぃ
そらちぃ
喋っちゃダメ!
エイジ
エイジ
wwwwwww
エイジ
エイジ
(ジョージ)絶対女装する人材じゃないだろ
ジョージ
(ガッツポーズ)
ツリメ
ツリメ
wwwwwwwww
はじめしゃちょー
wwwwwwwww
エイジ
エイジ
 まさか三人ともオカm
あなた
あなた
違いまーす
あなた
あなた
オカマではありませーん
そらちぃ
そらちぃ
リクヲ
リクヲ
え!
ツリメ
ツリメ
あなただ!ニヤける
そらちぃ
そらちぃ
喋ーらーなーい!






僕は思わず、エイジの顔を伺った。




エイジ
エイジ
(なんだよ)
と、疑惑な顔をしながらエイジは頭を下げる。





リクヲ
リクヲ
(別に)肩をあげる
そして、彼は平気なフリをしながらそっぽを向く。































嬉しいくせに。



















作者
作者
投票まだ募集しております!
左から順に1〜4位で❤️💙💚💛(メンバーカラー)でも構いませんので、

まだ投票してない方はぜひ気楽にコメントしてください!
(詳しくは前回をご覧ください)

よろしくお願いします🙏🏻💕