無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

背景だよー
高校三年生卒業して一年ぐらい経ったかな。

大学はただレベルアップした中学だから、繰り返す人生はもういいと強く親に訴えて、

親や周りに反対されつつも、学校は中学切り通ってない。

その分私はお家にこもって毎日歌を練習してた。

元々歌うのが好きで、毎日音楽室で練習する程頑張ってた。

文化祭で歌披露した以来、学校でもそこそこ有名になってて、

私向けのちっちゃいファンクラブとかも作られてた。

まぁ、色々あって(適当)、

Youtuberを始めたきっかけは何かと言うと、

卒業したからもう生で聞けないけど、まだ聞き続けたい!ってありがたい言葉を後輩から頂いたから

動画にして自分の好きな曲を勝手にカバーさせてもらってる。

卒業した後歌は本格的になり、今は曲のアレンジとか、オリジナルの歌まで自分が好きで作ったり投稿したりしてる。

まあまあそこそこ楽しい人生だと思ってた。

一年後にこうなるとは誰も想像してなかった。
後輩
後輩
ねぇねぇやばいって