無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第66話

アラート
(プルルルル)
(プルルルル)
あなた
あなた
仕事中
後輩
後輩
彼氏が遅刻してるからお喋りしましょー
あなた
あなた
しーごーとー
後輩
後輩
3分!
あなた
あなた
切るよー
後輩
後輩
2分!に!2分!
あなた
あなた
笑なにー




駿と会う前の事。




後輩
後輩
この前の打ち上げどうでしたか?
あなた
あなた
楽しかったよー
あなた
あなた
そっちは?
後輩
後輩
もう考えるだけでハズカシクナッチャウ
あなた
あなた
あーじゃあ結構ですー
後輩
後輩
ねーえーぃえ↑っへぃ!
あなた
あなた
新しいwwww
後輩
後輩
私も初めてこんな奇声発したww
後輩
後輩
あはははははwww
あなた
あなた
まってツボったwww
と、いつものように雑談を交わすバカ二人。



電話が終わり編集を続けて、



終わった時間が夜の10時。



帰る支度をし初めたら、



駿から電話がかかって来た。
駿
駿
もしもし、俺
あなた
あなた
うん
駿
駿
今事務所の前にいるんだけど
あなた
あなた
え?
駿
駿
会ってもいい?
あなた
あなた
どうしたの急に
駿
駿
話がある










だから急用が嫌いなの。
あなた
あなた
わかった





電話を切った途端、後輩からメッセージ。
後輩
後輩
あなたさーん
後輩
後輩
彼氏があなたさんに会いたいと言ってるんですけど
後輩
後輩
今ちょっと飲みに行けますか?
あなた
あなた
私も一度会ってみたいけど
あなた
あなた
今晩用事があるんだよね
後輩
後輩
そうですかー
あなた
あなた
また今度にしよ
後輩
後輩
こんな遅い時間に用事ってなんですか?
後輩
後輩
嘘じゃないよねー(`・ω・´)
あなた
あなた
元彼に会うの
後輩
後輩
えーなんでですか
あなた
あなた
知りたがりだな
あなた
あなた
また今度ね
電話を閉じて、外へ。