無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第87話

ばか
                           < そらちぃ side >



起きたら、エイジの部屋にいた。










夢じゃなかった。
そらちぃ
そらちぃ
あ”ーぁ
そらちぃ
そらちぃ
やった
そらちぃ
そらちぃ
やったわ。
無理矢理いびきなんかかいて、誤魔化したものの。





なにやってんだ。





酔っ払った勢いであんなことをしても、















僕のものになるわけがないのに。





そらちぃ
そらちぃ
バカかよ
寝起きの頭を掻きながら、部屋を出ようとしたら



エイジがドアを開けた。
エイジ
エイジ
なんでお前がいんのぉ
大きいあくびをしながら、布団に飛び込む。
そらちぃ
そらちぃ
知らん。ベット借りた
エイジ
エイジ
あー
エイジ
エイジ
あなたはぁ
そらちぃ
そらちぃ
みっくんの部屋にいるんじゃね
エイジ
エイジ
ん…みっくん?
エイジ
エイジ
いつもここにいるのにぃ?
そらちぃ
そらちぃ
僕が入ってきた時はいなかったよ
エイジ
エイジ
あ”ー冷麺食いてぇー
エイジ
エイジ
おーいしぃーれぃメーンがたーべたーいなー
そらちぃ
そらちぃ
バカだw
ひどい嘘をついた。みっくんの部屋にいるわけがないのに。



そらちぃ
そらちぃ
お前さ あなたの事どう思ってる?
エイジ
エイジ
寝かせろボケ
そらちぃ
そらちぃ
いたいいたいいたいw
思いっきり枕を投げつけるえいちゃん。



寝る邪魔をした僕が悪いけど。




エイジ
エイジ
アイツに今そんな余裕ねーだろぉう
エイジ
エイジ
冷麺食いてぇし
そらちぃ
そらちぃ
なーにいってんだ
エイジ
エイジ
冷麺にぃ〜キムチ入れてぇ〜
エイジ
エイジ
おにくぅ…
そらちぃ
そらちぃ
はいはい



はっきりしろよ。















見ててうぜぇんだよ。