無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

赤が黒に
美沙
美沙
酷いよ あなた
あなた
あなた
それは本当にごめん。でも
駿
駿
もういい 別れよ
あなた
あなた
(好きな人に)
駿
駿
僕は
駿
駿
僕を大切ににしてくれる人と
一緒にいたいんだ
あなた
あなた
(嫌われる)
痛かった。辛かった。


嫌われる事は、


どうでもよかったと思っていた


歌手が夢なら、


誰かに嫌われる覚悟でやらないといけないと


承知していたから。
もう帰ってくるな
そんな君を育てた覚えないわ
好きな人に 嫌われるのは


心が 車に轢かれるように


重い物に潰されるように


痛い。


痛くて、


悲しさすら感じなくなる。


何も感じなくなる。


ナイフに刺されて、痛みが無感覚になる




そんな思いを


また 体験しないといけないのか。


つうか、


人生その繰り返しで 


生きてくんだな 私
あなた
あなた
(心は嘘をつかない)
元彼の事知られたら、


振られるどころか、


嫌われる。


それが怖いの。


でも


だから


早めに終わらせたい。


ごめんだけど


その方がいい。


刺した後すぐ


抜くほうが


気が楽なんだ
エイジ
エイジ
あなた




だから





あなた
あなた





そんなに





エイジ
エイジ
がんば





優しくしないで。