無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

なあエイジ
ツリメ
ツリメ
動画上がったよ!
ツリメ
ツリメ
チェックチェック!
あなた
あなた
オーケイ!
思いのほか、

面白い。

久々に声出して笑った。

ていうか その日も笑ってたな

酔って

大声で。
動画見終わった後

いつものように

コメント欄を見るため

画面を下へスクロールする

あなた
あなた
わーひどい
数えきれない量の

コメントが

私への暴言ばかりだ。



軽く 人を殺す




言葉達。





かわいくないな


そらちぃ
そらちぃ
気にすんな
このタイミングで

ラインを送って来た

そら。
あなた
あなた
うん
語り口調が エイジっぽいなって

ふと思った。
でもエイジからは

期待はずれ



何も送られて来なかった。
なんでもいいから

欲しかった

君からの ライン。
欲張りってわかってるけど


今の私を


ポシティブに変えられるのは


君って









お前が一番わかってるだろ