無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第78話

not anymore
一人になっても生きていける勇気を忘れないように
私はデビュー曲を口ずさむ。






(世間に認められなくても、)
(自分が納得いく人生でいいさ)





あなた
あなた
大丈夫
大丈夫じゃない。
あなた
あなた
なんとかなる
取り戻せない。
あなた
あなた
落ち着け。
呼吸が荒くなる。



後輩
後輩
あなたさん
あなた
あなた
ん”…
そらちぃ
そらちぃ
あなた?
あなた
あなた
うん
あなた
あなた
…おはよう



乱れていた呼吸は、彼らを見かけた瞬間落ち着いた。









そらちぃ
そらちぃ
まだ病状が安定していなんだから
そらちぃ
そらちぃ
勝手に行動しちゃだめ
あなた
あなた
平気
迷惑はもう
後輩
後輩
迷惑かけたくない
後輩
後輩
なんて 思っていませんよね
鋭い目でこっちを見る。
後輩
後輩
そんなこと思わないでください。
後輩
後輩
こっちは甘えてほしいし、
わがまましたいです
そらちぃ
そらちぃ
だってよ。
頭を傾け、温かい目で見る。
あなた
あなた
あなた
あなた
ごめん
後輩
後輩
先輩のいない日々なんて考えられません
後輩は涙ぐみそうになり唇を噛みしめる。
勘のいいガキめ。









そらちぃ
そらちぃ
ほら
.







そらちぃ
そらちぃ
帰ろ










太陽の光が当って、私は体ごと暖かく感じる。





大丈夫だって。





なんとかなるって。



















自分はもう一人じゃないんだって。



















零れ落ちる自分への涙を、
手でしっかり受け取る。









そらちぃ
そらちぃ
俺もだよ
あなた
あなた
ん?
そらちぃ
そらちぃ
なんでもない。
.