無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

早く。出来たらすぐに
                          < そらちぃ side >
あなた
あなた
ちょっと待ってて
家の前まで付き合ってなんて言われると



変な事しか頭に浮かび上がらん。



変な緊張が走る。
あなた
あなた
はいっ
ドアを開き、



手のひらは彼女の両手に包まれる。



渡されたのは、

















往復のバス代 だった。
そらちぃ
そらちぃ
ははははははw
妄想すなばか
そらちぃ
そらちぃ
いらんいらんこういうの
あなた
あなた
あー「遠慮とかしたらマジで怒るよ」!
と、僕の真似をしてくるあなた。



どこまでかわいいのか。
そらちぃ
そらちぃ
じゃあ
しっかり者だし
そらちぃ
そらちぃ
半分こ
あなた
あなた
んー
そらちぃ
そらちぃ
もう5円もらうわ
あなた
あなた
気おつけて帰ってね
そらちぃ
そらちぃ
笑笑
あなた
あなた
あなた
あなた
わざわざありがとう
そらちぃ
そらちぃ
つうかお前こうやって
勝手に男を家まで
連れて来るんじゃないよ
そらちぃ
そらちぃ
危ないんだから
あなた
あなた
アバの皆んなはいいの
そらちぃ
そらちぃ
なんで?
あなた
あなた
…信用してるから
そらちぃ
そらちぃ
嬉しいけどー
俺は知らんぞ。
そらちぃ
そらちぃ
じゃあたまに遊びに来ちゃおー
あなた
あなた
んーいいけどぉ
あなた
あなた
急に電話して「今日」
とかは禁止だからね
そらちぃ
そらちぃ
いいよ 約束する
そらちぃ
そらちぃ
じゃあ僕からも一つ
あなた
あなた
ひぇーどうぞー
そらちぃ
そらちぃ
ははw



君を


そらちぃ
そらちぃ
用事があって



できるだけ早めに


そらちぃ
そらちぃ
夜遅くまで外に居ないといけない場合



僕のものに


そらちぃ
そらちぃ
僕に電話して



したいんだけど、いいですか。