無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第122話

すき、大好き、ずっと好き。
🎶僕は今日も / Vaundy

(ぜひ音楽と一緒にご覧になってください!)













エイジ
エイジ
はいっ
あなた
あなた
あ、もしかしてこれ
あなた
あなた
私の古い携帯
エイジ
エイジ
ん。
あなた
あなた
エイジのとこにあったんだね
あなた
あなた
ありがとう
エイジ
エイジ
悪い 勝手に隠し持って
エイジ
エイジ
返すの忘れたし
あなた
あなた
私の為にそうしたんでしょ?
あなた
あなた
あの時の私がアンチのコメントとかで傷つかないように
.


エイジ
エイジ
ちげぇよ。
あなた
あなた
.
あなた
あなた
ありがとう。
エイジ
エイジ
ありがとうはもういいからさ、
.

























.
















エイジ
エイジ
すきって言ってよ。
.
























あなた
あなた
大好き。
エイジ
エイジ
.













私に言わせたものの、




















それを聞いたエイジは 










びっくりして










動揺して、










恥ずかしくなって





















両手で顔を覆う。



















あなた
あなた




















それでも 真っ赤な耳は隠しきれなかった。




















エイジ
エイジ
あの…ね
あなた
あなた
うん
.








エイジ
エイジ
その…
.













口ごもる彼。























エイジ
エイジ
僕、
.









あなた
あなた
ん?










彼は頭を下げて、呟いた。

































エイジ
エイジ
すき。
.


















あなた
あなた
なに?
エイジ
エイジ
あぁはああ
















照れながら君は髪よけをかき、顔を背けた。





































エイジ
エイジ
好き
.























エイジ
エイジ
僕も好き。
.



















あなた
あなた
こっち向いてよ











顔、見せてよ。










君の照れている顔、









泣いている顔、










笑っている顔、










私だけに見せる顔。









あなた
あなた
んっ…











そっぽを向いていた君は、振り向いてきて、




















私の唇を優しく食べるようにキスをする。




















君の頬から熱を感じて、




















「夢じゃないんだ。」 と目に涙がにじむ。




















私はゆっくり目を閉じて、






























君からの愛をめいっぱい感じとった。
























エイジ
エイジ
俺と















エイジ
エイジ
付き合ってよ














エイジ
エイジ
あなた。































fin.