無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

あなた
あなた
今日は色々とありがとうございました。
会社から外へ出たらバリバリ夜だった。

お家に帰って荷物を置いた後、コンビニに出かけた。
待ってあなたじゃね
泥酔いの3人組が近ずいてきた。やだ臭い
やっばあなたじゃん!!!写真いいですか
そういいながが急に腕組みに来た男性。
あなた
あなた
すみませんちょっと・・
離そうとしたけど力だけじゃ勝てない

そして彼らが勝手に写真撮り始めた。
やめなよ
止めようとした人も居たけどヨレヨレで全然声に出してない。
下向かないでくださいよ
グィッと乱暴に顎ぐいされたの初だわ。

やめてほしい
あなた
あなた
いい加減にs・・
(チュ)
もう一人の男性が彼に首掴められ私の唇を触れに来た。

最悪。

私は思いっきり彼らを押し離れて、コンビニで買ってきた水を頭の上から垂らした
おい何してんだよあなたさん ビデオでもとってバラしてやろか
あなた
あなた
こっちのセリフです訴えますよ
まぁ何言ってもダメだけどね

泥酔いで何やってるかも知らない状態だから
もうやめてあげて
携帯でビデオ撮ろうとした彼を止めさせようとしたらしいが、

彼の行動を阻止することができない。

もうどうでも良いからここから出たい

そう思って帰ろうとした
おいまだ終わってねぇぞ
そして思いっきり肩を掴められて拳を当てに来た。
なんて日だ