無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

アバハウス❶
リクヲ
リクヲ
あなたさーん!
迎えに来てくれて、
手前の道路から手振ってきたリクヲ。
あなた
あなた
あなたでいいってw
あなた
あなた
私もリクヲって呼ぶから
リクヲ
リクヲ
リクヲかぁ
彼は首の後ろを触りだした
リクヲ
リクヲ
りっくんって呼んで欲しいな
あなた
あなた
わかった りっくん
リクヲ
リクヲ
そうそう そっちの方が自然かも
あなた
あなた
何自然ってw
あなた
あなた
じゃありっくん そら みっくん・・?
リクヲ
リクヲ
と...?
あなた
あなた
エイジ
リクヲ
リクヲ
なんでえいちゃんだけwww
あなた
あなた
なんか怖いもん言うのが
リクヲ
リクヲ
まあわからなくもないけど
喋ってるうちに

アバハウスへたどり着いた。
そらちぃ
そらちぃ
あなたきたよーみんな下ちゃんと履いてる?
ツリメ
ツリメ
変な言い方やめろ
そらちぃ
そらちぃ
ほらあなた上がってきなよ!
あなた
あなた
まって 先に飲みはじめてない?
そらちぃ
そらちぃ
えへへー飲見始めたー
リクヲ
リクヲ
ねえ一緒に乾杯しよっていったじゃんー
エイジ
エイジ
ヤッホー ボク リクヲダヨ
リクヲ
リクヲ
もーーーーーー
これぞ

賑やかハウス