無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

信用
エイジ
エイジ
あなたはさ
あなた
あなた
あ うん
エイジ
エイジ
なんでUUUMに入ったの
あなた
あなた
いや 別に
特に理由もなく
エイジ
エイジ
あなた
あなた
後輩に凄く勧められたから
まあ今後の生活の為に
もうちょっと儲かれるのならば
入っても良いんじゃないのかな なんて
エイジ
エイジ
後輩って あの
お腹壊した子 かな
あなた
あなた
そう笑
エイジ
エイジ
信用してるんだ
あなた
あなた
まあ 前からずーっと支えてくれているからね
エイジ
エイジ
君は
あなた
あなた
ん?
エイジ
エイジ
君はどう思っているの
私を見つめてそう言うエイジ
他の人ではなく

自分の考えが一番重要 って事かな
あなた
あなた
信用してるんじゃないの あなたも
エイジ
エイジ
誰笑
正直

信用って

今の私じゃあ そんな軽く定義出来ない
一度酷く騙されたら みんなそうなるさ
エイジ
エイジ
信用してもいいと思うよ
あなた
あなた
うん...そうだね
エイジ
エイジ
違う 後輩の事じゃなくてさ
エイジ
エイジ
俺...らだよ アバンティーズ
エイジ
エイジ
皆んないい人だからさ
あなた
あなた
エイジ
エイジ
なんだよ
あなた
あなた
別に
優しいのね 君は
エイジ
エイジ
なにー
あなた
あなた
笑笑
あなた
あなた
変な人