無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

アバハウス❸
エイジ
エイジ
ちぇっ
そらちぃ
そらちぃ
バイバイキーン
エイジ
エイジ
テメェ殺すぞオラ
あなた
あなた
ヨレヨレじゃんw
エイジ
エイジ
酔ってない
コンビニに向かう私とエイジ。

意識すると

なんだか

緊張しちゃう。

さっきのりっくんと違って、

若干の距離を置く私。

エイジはエイジで、

自分のペースで歩く。
あなた
あなた
あの。。。エイジ
エイジ
エイジ
なに
あなた
あなた
ひとつ聴きたい事があるんだけど
エイジ
エイジ
うん
やっぱり、気になるの




あなたのコメントが知りたい



イベントで必死に歌った あの曲
あなた
あなた
どうだった?
エイジ
エイジ
あーあれね よかったよ よかった
あなた
あなた
えwなにそれ雑
あなた
あなた
聞くタイミング間違えたわ。。
エイジ
エイジ
ん?よかった 言ったよ よかった
緊張してるうちに対し、

平気に接するエイジ

さすが先輩。慣れてるのかな
あなた
あなた
ふざけないで ね正直
あなた
あなた
好き?
急に戸惑うエイジ。

空気か固まってようで、

反応しない。
あなた
あなた
前の話だし流石に忘れたか(ポソ)
エイジ
エイジ
。。。
あなた
あなた
。。。エイジ?
エイジ
エイジ
めんたいこ
エイジ
エイジ
あなた
あなた
ああああああああああ
エイジ
エイジ
ww
あなた
あなた
もおおおおおおお
聞かなきゃよかったーーー