無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第116話

大丈夫
🎶雨のパレード - IDENTITY

(ぜひ音楽と一緒にご覧になってください!)










迷子になったことはない。










逆に迷子を交番に送り届けた事はあった。










だから 初めてで、




















全くどうすればいいかわからない。




あなた
あなた
誰か居ませんかー
不慣れな空気に囲まれて、





風が寒くて、





何も見えなくて…





あなた
あなた
大丈夫
怖くて。








私は叫び続けるしかなかった。



あなた
あなた
誰か居ませんかー





そしたら遠くから声がようやく聞こえて、





私は疲れ切った足をゆっくり動かした。




あなた
あなた
すみませーん
その人は私の方に向かって、走って来た




















激しい息づかいをしながらも全力で走ってきて、




















私を思いっきり抱きしめた。




















一瞬、戸惑ったけど、





















私はその温もりを素直に受け止めて、





彼をそっと抱き返した。










あなた
あなた
あぁ…
そして、理由もわからずに、





















私は泣き崩れた。





























エイジ
エイジ
もう大丈夫だよ。