無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

でたー!
あなた
あなた
えーっと...こんにちは
エイジ
エイジ
はい
初の誘いは凄く嬉しいけど、

てっきりツリメさんかリクヲさんだと

勝手に思っていた。

なんか唐辛子(さん)は背が高いしクールで

気まずい。

そらちぃ
そらちぃ
ここの定番ラーメン美味しいんですよ
あなた
あなた
そうなんですか?じゃあそれにしてみます。
あなた
あなた
そらちぃさん敬語使わなくてもいいですよ
あなた
あなた
先輩なんですし
そらちぃ
そらちぃ
えーw無理です
そらちぃ
そらちぃ
あなたさんに敬語使わないとk...
エイジ
エイジ
定番ラーメン三つで
はい!かしこまりました
そらちぃ
そらちぃ
おいおいw
話しにぜんぜん乗っからず

ポツンと座っている唐辛子。

携帯いじるのは失礼だと思っていて
やってないのかな

てか まだ唐辛子って
あなた
あなた
あのまだお名前を..
エイジ
エイジ
エイジ
エイジ
エイジです
あなた
あなた
あなたです
あなた
あなた
よろしくお願いします
ぺこりっと

頭を頷いた

エイジさん。
そらちぃ
そらちぃ
すみませんちょっとトイレ行ってきますね
そう言って残された二人。

こうゆうのなんか苦手。
あなた
あなた
ラーメンまだですかね
エイジ
エイジ
...
あなた
あなた
...
誰か助けてー

そらちぃさん早く戻ってきてー
エイジ
エイジ
この間はすみませんでした
あなた
あなた
...ん?
エイジ
エイジ
彼(カイ)とは長い付き合いのない友達で
エイジ
エイジ
あの日が初のお出かけなんです。ツリメとリクヲは
あなた
あなた
あの日のことならもう大丈夫です
あなた
あなた
それからちゃんとツリメさんとリクヲさんに話ししたので
そらちぃさんが言うアバンティーズの心臓ってこうゆうことか。
ちゃんと謝ってなくってずーっと心に抱えていたのかな
エイジ
エイジ
あの笑いは気まずさを隠すために笑ったんだと思ってまして
エイジ
エイジ
すみません なんか自分のモヤモヤを晴らすためだけの行動になりましたね
そう言って優しい目で私を見つめるエイジさん。

ちょっと

ほんのちょっと

ドキっとした。