無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

披露前
後輩
後輩
うわああああああああ
後輩
後輩
UUUMでかいね!
あなた
あなた
wはしゃぐね
後輩
後輩
ちょっと写真撮って撮って!
あなた
あなた
へいへーい
今日はUUUMのプチ歓迎会。
今月の新しく加入した
クリエーターたちに開催された
ちっちゃなイベント。

その中の一人で

今日は歌披露することになってる。
後輩ちゃんが居るのも
私の撮影者として入れさせてもらってるのだ。
ツリメ
ツリメ
あなたさん  出演番号は7番らしいですよ
あなた
あなた
了解でーす
後輩
後輩
げっ あなた先輩最後じゃん
最後が。
締めは苦手だけど
興奮するなぁ

最高のライブになりますように。
ツリメ
ツリメ
聞きに行くので 頑張って下さい
あなた
あなた
頑張ります!
両手を握って下にスウィングするツリメさん。
可愛すぎかよ
そらちぃ
そらちぃ
あ あなたいたいた!
あなた
あなた
お久しぶりです そらちぃさん
そらちぃ
そらちぃ
だからお互いに敬語は禁止って前あった時約束したじゃんw
あなた
あなた
あっ そうだったね すみませんでした
リクヲ
リクヲ
すみませんっでいいから!
ツリメ
ツリメ
え 聞いてないんだけど いつの間にそういうルール立てたの
そらちぃ
そらちぃ
教えないー
エイジ
エイジ
ちなみに俺には敬語だけどね
そらちぃ
そらちぃ
お前はなーw
四人揃うと賑やかなアバンティーズ 。

そんなところが

見てるだけで楽しいし

羨ましいし

手が届かなさそうな空間。