無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

暗い空に
そらちぃ
そらちぃ
送るよ
あなた
あなた
いぃいぃいぃ
そらちぃ
そらちぃ
いや遠慮とかしたらマジ怒るよ?
そらちぃ
そらちぃ
こっちは心配なんだから
あなた
あなた
はいすみませんでした
あなた
あなた
私がやりました(両手の手首を表に出す)
そらちぃ
そらちぃ
カシャ はいよく出来ました
そらちぃ
そらちぃ
こえー
リクヲ
リクヲ
じゃあ先に戻るね
そらちぃ
そらちぃ
はいよーあとで
車運転のためアルコール飲んでいないりっくんは、

爆睡するみっくんと携帯いじるえいちゃんと一緒に

アバハウスへ戻る。

残った私とそらは、バスで私のお家へ。
そらちぃ
そらちぃ
(ツンツン)
そらちぃ
そらちぃ
着いたよ ここで降りるんでしょ
あなた
あなた
あ うん
あなた
あなた
ごめん肩借りちゃって
そらちぃ
そらちぃ
疲れてるでしょ笑
あなた
あなた
疲れてませーん
そらちぃ
そらちぃ
爆睡してたけどー?
真っ暗で静かな道を、

二人はうるさく笑いながら前へ歩む。