無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第111話

二人きり
あなた
あなた
ア! ってwww
そらちぃ
そらちぃ
(あなた)ツボに入ってんじゃん笑
あなた
あなた
だってww
そこで声が無くなるなんてww誰もw
そらちぃ
そらちぃ
www
そらちぃ
そらちぃ
もういいだろw
そらちぃ
そらちぃ
トマウトさんwww
あなた
あなた
ねーえ!w
木の枝を拾い終えた私達は、お互いをからかいながら





森の中からバーベキュー場へ戻る。





二人は肩を並べて、同じ歩幅で歩く。
そらちぃ
そらちぃ
なんかこうやって…二人で話し合う感じ?
そらちぃ
そらちぃ
めっちゃ久しぶりなんだけど
あなた
あなた
確かに?
そらちぃ
そらちぃ
覚えてねぇのかよ
あなた
あなた
いまいち笑 なんか色々と久し振りでさ
そらちぃ
そらちぃ
ははw
そらちぃ
そらちぃ
そっか。
そらちぃ
そらちぃ
あなたも大物になったな
あなた
あなた
お陰様で
そらちぃ
そらちぃ
お前は俺らが居なくてもなってたよ
あなた
あなた
ありがとう笑
あなた
あなた
でも…
あなた
あなた
アバンティーズに出会ってなかったら
あなた
あなた
こーんなに沢山の
楽しい思い出はなかっただろうな
君達から色々学んで、成長もして、





一人じゃなくなって、















一人でも寂しくなくなった。
あなた
あなた
ありがとう










そうそらの目を見て言ったら、










そらは目を逸らして、










ため息をついた。








そらちぃ
そらちぃ
あぁもう
あなた
あなた











彼は立ち止まり、横を向きながら唇を噛んだ。








あなた
あなた
そら?
そらちぃ
そらちぃ
お前がっ…


















そらちぃ
そらちぃ
すき