無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

255
2018/06/17

第14話

第11話
どうやら、その様子を見るに私が起きるまでずっと一緒に居てくれたらしい。
それがすごく嬉しかったのを今もまだ鮮明に覚えている。
安心した。
ところが…
同年代の男の子や、お父様、いわば男性が怖くなってしまった。
平気なのは5個上のお兄様と大川さん、隆哉だけになっていた。
そこからだ。
私が男嫌いになったのは。
今でも怖い。
少し連れ去られた、それだけの事なのに頭の中に今でも残っている。
でも。
私は生徒会長。皆を引っ張らなければいけない。
だから私は…












自分に仮面を付けた。