無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

390
2018/06/15

第6話

第5話 泣かせちゃった
奏斗side
ポタッポタッ そんな音が聞こえる。
あれ…鳳華センパイ…泣いてる?
奏斗
せ、先輩…?俺、なにか…し、しましたか?
先輩からの返事はなかった。
俺…なんかした?
どうしよう…
??
鳳華。
鳳華
たか…や…
隆哉
俺、言ったよな?こいつに手ぇ出したらただじゃおかないって。
奏斗
は…い…。
そんなのわかってる。要先輩は鳳華先輩が大切なんだ。
そんなの…俺だってそうだ。
でも、俺は…要先輩には勝てない。
隆哉
もういい。
奏斗
鳳華せんぱ…ぃ。
俺にはもう鳳華先輩に話しかけていい奴じゃない。
俺が何をしたかは分からないけど、鳳華先輩を傷付けてしまった。
貴音
おーい
奏斗
たか…ね。