無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

422
2018/07/06

第5話

第4話 あ、やばい、これ。
翌日の放課後←すんません、話ぶっ飛びます。
私は今、綾瀬くんに壁ドンされてます。はい。
奏斗
ねぇーせんぱい?
鳳華
はい。
奏斗
好きです♡
鳳華
はい。
めんどくさい。
素で対応してはいけない。化けの皮が剥がれる。
奏斗
せんぱいってー!
奏斗
隠し事してますよね?ニコッ
鳳華
なっ!
そうだ。私は隠し事をしている。男が怖い。自分を常に偽っている。本当は人と関わりたくない。
鳳華
何故そう思うのです?
奏斗
んー、なんとなくですかね?
だか、私の父はいつもお前は政治家の娘だ。皆をまとめられるような人になりなさい。いつもそう言われている。だから、ここでバレる訳にはいかない。
作者
中途半端な所で止めてすいません!ならべく早く出します!