無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

473
2018/06/15

第3話

第3話 邪魔な人。
奏斗side
奏斗
隆哉センパイって邪魔だな…
貴音
なーに物騒な事言ってんの。
奏斗
たかね…
そんなこと言ってると幼なじみの貴音がやって来た。
貴音は頭がいい。俺の考えてる事はだいたいお見通しだと思う。
貴音
あれでしょ?例の先輩。生徒会長の。
やっぱりわかってるし。
奏斗
わかってんなら聞くな。
俺はどうやらあの先輩のことが好きらしい。
貴音
お前さー、好きな人のことになるとドSは発動するから、気をつけろよ。
は?
貴音
お前今は?と思ったでしょ。
奏斗
バレた。
貴音
まぁーいいけどさ、あの人親ヤバい人だから気をつけて。
奏斗
まぁ一応気をつける。
俺はこの時あんな事になるとは思いもしなかった。