無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

241
2018/06/19

第15話

第12話
その仮面が剥がれることはなかった……はずだった。
あんな奴が現れるまでは。
綾瀬奏斗。
私はああいうやつが1番苦手で嫌いだ。
ヘラヘラしていて自分の周りを嘘で固めて本当の自分を隠そうとする。
人のことはよく見ておいて自分の本性は滅多に表さない。
ああいう奴こそ警戒しておくべきだった。
あいつはどこまで私のことを掴めているのだろう。
そういえば……あいつのはとこは凛華だったはず。
だから…なんか言っただろうな…
凛華はいい人だが、よく喋る。大事な情報をすぐに人に言う。
そこがたまに傷だ。



そういえば…今日はお兄様の病院に行かなくては…
私が大丈夫な男性のうちの一人だ。