無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

543
2018/06/15

第2話

第2話 なんだあれ。
奏斗
あっ!そーだ!俺生徒会入っちゃおっかなー?
今の生徒会は生徒会長の私、副会長は空席、書記と庶務は私の幼なじみの要 隆哉が担当してくれている。つまり、副会長は空席だ。
奏斗
今って副会長空席ですよね?ねっ!?
??
そうだが。
鳳華
たかや!
隆哉は私の幼なじみで初恋の相手。とてもしっかり者で生徒会の書記と庶務をやってくれている。
奏斗
へぇー…センパイってそんなふうに笑うんだ(ボソッ)
隆哉
まぁ、いい。とにかく時間が無いぞ。文化祭が近いだろ。今日はそのために集まるんじゃなかったのか。
鳳華
あっ!忘れていました!
鳳華
それでは綾瀬さん、さようなら
その場に残っているのは隆哉と奏斗だけ。
隆哉
おい、綾瀬。あいつに手出したらたたじゃおかないからな。
奏斗
わかってますよー要隆哉センパイ ニコッ
鳳華
隆哉!早く行きましょう。
隆哉
ああ。