無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,170
2018/06/18

第13話

「みなと先輩の想い。」
すぐる
すぐる
みなと先輩っ!!!
みなと
みなと
はっ!?なんであんたがいるの!?
すぐる
すぐる
ゆう先輩が教えてくれて…
みなと
みなと
あいつ、ほんとに
あんたが大好きね…
なんで私じゃなかったのかなー…
すぐる
すぐる
先輩……?
みなと
みなと
ま、大体ここにあんたがいる理由は
察しがつくけど…。
みなと
みなと
そうねー…何から話そうか…

私は男だよ
みなと
みなと
私が引っ越すから
2週間限定で
付き合ってもらってたのも事実。
みなと
みなと
私がゆうのことを好きなことも。
みなと
みなと
ここ、2週間
あんたと先輩が
あんまり出くわさなかったのも
私の仕向けたこと。
すぐる
すぐる
なんで…
そんなことしたんですか?
みなと
みなと
ちょっとした、イタズラよ…
みなと
みなと
引っ越しが決まったのは
ちょうど、あんたたちが
お出掛けしてた日だった…。
みなと
みなと
もう、ゆうとは会えなくなるから
最後にと思って
あんたとのお出掛けから帰ってきた
ゆうに付き合ってって言ったの。
すぐる
すぐる
先輩はOKだしたと…?
みなと
みなと
いーや。
あいつは変だけど良い男だから。
私のためにも自分のためにも
断ってきたわー…
みなと
みなと
でも、ま、ここは
古くからの付き合いだった
私のお願いだから
2週間限定でオッケーしてくれたの。
みなと
みなと
んでその際に、
私がゆうにね、
「ゆうが誰かと付き合ってるって
 知ったら、すぐるって子は
 離れていくんじゃない…?」
って言ったわけ。
みなと
みなと
あいつ、バカ真面目に信じて
あんたとの関係を見事
こじらせていたわね~~

ざまーみろだわ。
みなと
みなと
私がいくら頑張っても
ゆうは多分
好きになってくれないから。

私は男だし。
あいつはあんたのことが好きだし。

引っ越すし。

もうほんと、最悪よ…
そう言ってみなと先輩は綺麗な涙を流していた。
すぐる
すぐる
…………あっ
先輩、時間じゃないですか?
みなと
みなと
そうね。あんたごときに
話しすぎたわ。

そろそろ行かないと…
すぐる
すぐる
ありがとうございました。
本当に。
みなと
みなと
なによっムカつく……っ
みなと
みなと
ちなみに言うと、
あいつがドSキャラなのは
私が原因でもあるから、
すぐる
すぐる
っ?
みなと
みなと
まぁ、理由は秘密にしといてあげる。
今度会ったときにね。
すぐる
すぐる
今度…?
みなと
みなと
向こうでファッションで成功して
必ず帰ってくるわっ!!
それまであんたは、
ゆうを離さないようにね。

まっべつに?
別れてくれても構わないんだけど
すぐる
すぐる
先輩……っ

でもゆう先輩とは最後だったんじゃ?
みなと
みなと
あれは…ゆうが好きな私から
ゆうへの最後のお願いだったの…。
みなと
みなと
ほんとにそろそろ行く。
みなと
みなと
どーぞ、お元気でっ


先輩はそう言って
イタズラが成功した子供のように
にこっと笑って飛行機へと向かっていった。
すぐる
すぐる
(みなと先輩は
 本当にかっこ良い…。)
それに比べて私は
まだ誰にもなにも伝えられてない…。
すぐる
すぐる
(行かなきゃ…っ)


私はそう思い、気づけば走り出していた。