無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,552
2018/06/26

第6話

「みなと先輩って?」
すぐる
すぐる
(先輩にどうやって接しよう…)
昨日から私はその事ばっかりだ。

昨日のお出掛けで先輩なんかにネックレスを
もらってしまったから
自分が先輩のことを気になってきた事に
気づいてしまった……/////
ゆう
ゆう
お?すぐる
すぐる
すぐる
っ!?
そりゃ学校だし、
会う確率はあるけどこういうときに限って
出会う……。
すぐる
すぐる
先輩、おはようございます。
ゆう
ゆう
あーー、はよ。
すぐる
すぐる
あの、昨日のあれ…ネッ…
ゆう
ゆう
俺いくわ、用事あるし……
それじゃ、またな
すぐる
すぐる
…はい……。?
ネックレスのお礼を改めて言おうとしたら
あからさまに避けられた…。

照れてるようすでもなかったし
すぐる
すぐる
(ほんとに避けられた……?)
私が感じた違和感はどんどん増えていった。
七海
七海
ねーもう、
二人のおでかけから一週間たつのに
先輩との接点、
どんどん減ってきてない?
すぐる
すぐる
だよね…。
あのお出掛けの日から
先輩に避けられてる……。
委員会のときもすぐにどっか行くし…
七海
七海
昨日、先輩に話しかけに
行ったんでしょ?
どうだった?
すぐる
すぐる
なんか、とりまきの
女子の先輩たちに捕まって
たどり着けなかった…。
七海
七海
せっかく、
すぐるの恋が芽生えてきたのに
あいつまじでなんなのかね。
すぐる
すぐる
……。私なにかしたのかな…
せっかく、先輩ともっと話したいとか
思ってきたのに…なんでなんだろ…

どうしよう…か。
━━━━━━━━
七海
七海
すぐるー!また明日ね!
立ち直れよー
あやつのことは忘れて
次に行くのもいいかんねー
すぐる
すぐる
うん…ななみありがとう
すぐる
すぐる
じゃあね~
はー。もう先輩のことは忘れようかな…
でも、ネックレスのお礼は
しっかりと言いたい。
それだけでも…
一度先輩としっかり話したいな。
距離が縮まったと思ったら
翌日には前より離れてる…。
ほんと、わけわかんないよ…
みなと
みなと
ねー!
君、すぐるちゃん??
すぐる
すぐる
…?はい。すぐるですが…
みなと
みなと
やっぱり!
私、委員会で一緒の
みなとって言うの!
どうりでみたことがあると!
ていうかこの先輩何かみんなに騒がれてた
気がするんだけど…
七海
七海
ななみー!ずぐるのノート、
借りてたまんまだった!
ごめん!ってみなと先輩っ!
すぐる
すぐる
あれ?ななみ知ってるの?
七海
七海
そりゃだって!みなと先輩は……っ
みなと
みなと
ななみちゃん…だよね?
しー!それは内緒にしてくれない…?
七海
七海
はい…?じゃあ、ノートね!
こんどこそまた明日!

てか、すぐるばっかり
かっこよくてかわいい人たちと
お近づきになってうらやましー
またはなし聞かせてね!じゃ!
すぐる
すぐる
うん!
先輩とななみ、なんか言ってたけど
どうしたんだろ…
みなと
みなと
ね!すぐるちゃん!
今週の土曜日、空いてるかな…?
すぐる
すぐる
空いてますけど…
みなと
みなと
もしよければ、
私の買い物に
付き合ってくれないかな…って。

前に街ですぐるちゃんを
見かけたときに私服が
かわいかったからぜひ、
一緒にお買い物できたらなーって
すぐる
すぐる
えっ!?私でよければ
お付き合いしますけど
私服、可愛くありませんよ?
みなと
みなと
大丈夫!
私がすぐるちゃんにお願いしたいの!

ありがとう!
今週の土曜日に駅前に10:00!
よろしくね!
すぐる
すぐる
はい!分かりました。
みなと
みなと
じゃあね~!
すぐる
すぐる
(みなと先輩か…。
すっごく可愛くて、
明るい先輩だったな…。
ななみも知ってたことだし
可愛くて有名な先輩
なんだろうけど…。
すぐる
すぐる
(私なんかがお買い物の付き添い…?

でも…せっかくだから
先輩のお力になれるようにがんばろ。

三年の先輩だし…ゆう先輩のことも
聞けるかもだし…ね?)
みなと
みなと
(あー!たーのし!)
みなと
みなと
(ふふ…単純でかっわいいぃっし!
てか私服なんて
見たことないんだけど…ね?

まぁすぐるちゃんもかわいいけど
ゆうと私のためなんだから…

ついでにすこし、
意地悪しとこ…ってことで。)
みなと
みなと
(土曜日楽しみだなぁ~…)