無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

ヒーロー殺し


後日


街にヴィランが現れて


私たちは急いで向かうことになった。
着いたらそこは脳無が沢山いて、建物が半壊していた。
あなた

………

轟焦凍
轟焦凍
………
エンデヴァー
エンデヴァー
お前らはここにいろ。


そう言って手袋をもう一度引っ張ると
そのまま火事の中へと入り、私達も近くで見ることにした。



プルルッ
あなた

……通知?

轟焦凍
轟焦凍
……援助要請だ。行くぞあなた
ちらりと見るとすぐ近くの路地裏からの要請で、




前に見たヒーロー殺しがいるなら絶好の場所。
あなた

分かった。

エンデヴァー
エンデヴァー
ケータイじゃない!!俺を見ろ焦凍ォ!!
エンデヴァーさん………



親バカなのね。
轟焦凍
轟焦凍
行くぞ。
あなた

っは~い

エンデヴァー
エンデヴァー
どこ行くんだ焦凍ォ!!




ーーーー
死柄木弔
死柄木弔
先生…脳無は何体出来てるんだ。
《雄英襲撃時程の奴はいないが、6体までは動作確認済みだよ。》


テレビから聞こえる私の恩人、オールフォーワンの声を聞けて内心嬉しい。
死柄木弔
死柄木弔
よこせ
《何故?》
死柄木弔
死柄木弔
ヒーロー殺しが気に入らないからだよ。気に入らないモノはブッ壊していいんだろ先生!!



《3体までだ……これを機に学んでくるがいい。》
あなた

………

死柄木弔
死柄木弔
あなた、
あなた

ん?

後ろを振り返りそのまま手招きされる。
死柄木弔
死柄木弔
話せば。


短いその言葉は“久しぶりに先生と話せるし”


という意味に聞こえた。
あなた

………はい。



《君は………》
あなた

覚えて……ないですか?



《あぁ、僕が君にあげた個性……どうやら使えているようだね。》
あなた

お陰様で……。




《……ヒーローは嫌いかい?》



昔にも、同じことを言われた。
あなた

…嫌いです。




《そうか。》




ーーーー


やっぱり居た


ヒーロー殺し“ステイン”
轟焦凍
轟焦凍
やべぇな。来て正解だった。
あなた

うん

飯田くんは肩を刺されて動けていない。




私は………邪魔しちゃ悪いかな。



死柄木の作戦
あなた

………ごめんね。

轟焦凍
轟焦凍
……ぇ



私はいち早くヒーロー殺しの前に行って、攻撃を始めた。
ステイン
ステイン
女___!!
あなた

ステイン

小声でそう言うと、彼はすごく驚いた様子で。
あなた

私を………倒して。

私は君の味方だ、という意味も込めて。
ステイン
ステイン
……死柄木のか。
そのまま





ザシュ
轟焦凍
轟焦凍
あなた!!
飯田天哉
飯田天哉
あなたく……ん……!!
緑谷出久
緑谷出久
あなたちゃん!!
あなた

………。