無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ヴィラン
ー放課後ー
ブブー
一人イヤホンを付けて帰っていると、見知らぬアドレスからメールが来ていた。
差出人も書いていない。


別に悪いメールでもどうでもいいため開く
“今夜お前を迎えに行く”
ただそれだけのメールだった。
あなた

……………。

ーーーー
ー夜ー
その頃にはメールの事を忘れていて、歯磨きをしてテレビを見る。
すると窓が開く音がして、すかさず防御体制に入るが、入ってきた彼は黒ずくめで水色がかった髪色の人
???
ふぅん………先生が言ってたのはお前か
あなた

は?誰、お前

ヒーローにこんな人はいなかった。


だとすると一般市民?いや、家に入る時点でそれはない。


そうなると選択肢は___
???
俺はヴィラン。オールマイトの娘であっているな?
あなた

っ____

なんでそこまで知って__
そいつは目にも止まらぬ速さで私の後ろに来て、4本だけで首を絞める。
???
合っているな?
あなた

…………だとしたら?

???
事実確認だよ。
死柄木弔
死柄木弔
俺は死柄木弔。
あなた

しがら………き……

この人は無自覚だろうが、首を絞める力が強くなっていく。
あなた

っは……………ッ……

死柄木弔
死柄木弔
あぁ悪い。
パッと手を離し、慌てて距離をとる
あなた

………先生って誰?

死柄木弔
死柄木弔
…………オールフォーワン。これで分かるか?
その名前を聞いた瞬間、私は目の前が真っ白になった。


手の力が抜けてブランとする。
あなた

あの人…………。

私に個性をくれた人。
死柄木弔
死柄木弔
ところであなた、お前はヒーローが嫌いか?
ヒーローが嫌い…………。
あなた

そうじゃない………、私は

私は___
あなた

オールマイトが嫌い

死柄木弔
死柄木弔
だろうな。そこでだあなた
死柄木弔
死柄木弔
ヴィラン連合に入らないか?