無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

襲撃
ドゴゴゴ………。
来た。死柄木弔……、
相澤消太
相澤消太
っあれは…………
相澤先生、珍しく動揺してる。


そりゃあそうだ。ヴィランがきてる。
相澤消太
相澤消太
まとまってここで待ってろ!!
そう言って死柄木に攻撃を仕掛けるが、脳無に阻止される。
黒霧『………。』
緑谷出久
緑谷出久
っワープ?!
黒霧が私たちの前に立ち塞がると、相澤先生は私達の方にむく。


それを見て脳無は殴る。
黒霧『……(あなたさんを脳無の居ないところに……)』
あなた

う”っ!!

無理やり手を掴まれて、黒霧の中に入れられる。


轟焦凍
轟焦凍
っあなた!!
轟くんの声と……、
爆豪勝己
爆豪勝己
っおいあなた?!
勝己くんの声…。
……ごめんなさい。
ーーーー
轟side
あなたがあのヴィランに連れてかれた。と言ってもこの外には出していないだろう。報告されると困るから……、


じゃあこの施設の中…。


爆豪勝己
爆豪勝己
っこの野郎!!
爆豪がヴィランに殴り掛かると、消えてあなたのように飛ばされた。
そうすると、俺らもいつの間にか飛ばされていた。
轟焦凍
轟焦凍
……あなた……っ………、
飛ばされても、少し傷を負っても、あなたの心配が先になる。
あなた

ってて………、

………あなた?
あなた

轟くん……?なんでここに……、

轟焦凍
轟焦凍
あのヴィランに飛ばされた………。
ーーーー
難なく大勢のヴィランを倒す轟くん。



羨ましい………。
轟焦凍
轟焦凍
あなた、これからどうする?
あなた

もちろん………相澤先生の所へ………。

ーーーー

主のちび三郎です~


今回のお知らせなんですけれども……。


テスト期間で少しお休みさせていただきます。


9月15日にまた復帰しますので……


それまで待っていただけると嬉しいです!!