無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

襲撃事件
その言葉を行ったら、眉がぴくりと動いた。



平和の象徴といえど感情はあるんだな。
あなた

しが……らき…………ッ

小声で俺の名前を呼ぶあなたを見ると、苦しそうに顔を歪めこちらを見ている。



あ、いい。



お前のその顔……凄く__
オールマイト
オールマイト
スマーーーーッッシュ!!!!
死柄木弔
死柄木弔
………?!がッ………。
あなた

い”っ……?!

爆風であなたを離す。
ーーーー
飛ばされた弾みであなたはオールマイトにキャッチされる
オールマイト
オールマイト
あなた……!!大丈夫か?!!
あなた

父さん………ッ……。

どうしよう死柄木。



私………何も出来てない………。
死柄木弔
死柄木弔
………帰るぞ。
黒霧『はッ。』
死柄木弔
死柄木弔
………。
一瞬死柄木と目が合って、



その顔は怒ってる顔じゃなくて。



恐ろしい程になにかに興味を持った。



悪魔のような顔___
ーーーー
あなた

は………ッ……。

轟焦凍
轟焦凍
あなた!!
爆豪勝己
爆豪勝己
あなた……ッ!!
緑谷出久
緑谷出久
あなたちゃん!!
怖くてその場に崩れる私を、3人は私に近づいてオロオロとしている。
あなた

は………っ………ッ………ん……ッ……。

何とか息をしている状態で、彼の目を思い出すと震えが止まらない。
轟焦凍
轟焦凍
落ち着け……大丈夫だ。
背中をさすってくれる轟くん。




ありがとう。



こんな私に___
こんな感じで、ヴィラン襲撃事件は幕を閉じたのだ