無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

職場体験
相澤消太
相澤消太
職場体験は1週間。肝心の職場だが、指名のあったものはリストを渡す。____
あなた

………

職場体験か~………。
八百万百
八百万百
いい経験になりますわね!!
前の百ちゃんが目をキラキラさせながら後ろをむく。



頬ずえを着いていた手を机に置いて、ニコリと微笑む。
あなた

うん!!

流石に行かないと……まずいよね。



ーーーー
指名リストから選ぶことになった私は、黙々と紙をめくっていた。
あなた

……?

エンデヴァーヒーロー事務所



そうかかれていた。
轟焦凍
轟焦凍
なぁ、あなた。
あなた

ん?なに?

轟焦凍
轟焦凍
どこにするんだ?
あなた

今エンデヴァーさんのオファーが目に止まったよ。焦凍くんも来てるんじゃない?

轟焦凍
轟焦凍
まぁな。
パラパラと読んでもやはりエンデヴァーさんの事務所が気になる。
轟焦凍
轟焦凍
なぁあなた。
あなた

ん?

轟焦凍
轟焦凍
俺と………一緒に来ないか?









ーーーー
あなた

えーっと私たちは………

轟焦凍
轟焦凍
向こうだな。行くぞ
結局私たちは2人で同じ事務所に行くことになった。
爆豪勝己
爆豪勝己
おい半分野郎。
あなた

勝己くん?

轟焦凍
轟焦凍
爆豪…。
爆豪勝己
爆豪勝己
ちょっと来いや。
首を向こうに動かして、焦凍くんは“待ってろ”と勝己くんについて行く。





轟焦凍
轟焦凍
なんだよ。
轟は壁に背を預け腕を組んで爆豪を見ている。


爆豪は反対側の壁に片足をついて
爆豪勝己
爆豪勝己
あなたに余計なことすんじゃねぇぞ?
とだけ言って去ろうとする。
轟焦凍
轟焦凍
………どうだろうな。
独り言のように呟いた轟焦凍




ーーーー
新幹線で2人隣で座ってる。



私は着いた時の道をマップで調べていて、焦凍くんは今でも寝そう。
あなた

肩貸そうか?

轟焦凍
轟焦凍
………ん……?
うっすら目を開けると、子供みたいに首を置く。
かわいい。
あなた

…………。




なにかあったら嫌だな。



後でトイレで死柄木に………弔に連絡しよう。


 
ーーーー