無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

恋の終わりは愛の始まり~story8~
トミーside
カンタと両想いになってから、数日が経ったある日、俺はネットニュースであるものを見つけ、やるべき事を見つけ、今日まで準備してきた
カンタ
カンタ
お、おはよっ///
トミー
トミー
ん、おはよ
カンタが顔を赤くして、話しかけてくる…いつまでも初々しいカンタと何気ない会話が幸せだと感じる
トミー
トミー
カンタ…話があるんだけど
カンタには俺が今日行おうとしている"計画"に誘導するため、俺がカンタの今日の予定を決める
カンタ
カンタ
な、なに……?
トミー
トミー
今日ネットニュースに俺とひなの写真が上げられてて、コメントとかが寄せられてる…だから、違うって動画出したほうがいいと思うけどどーしたい?
カンタはきっとこの話を乗ってくるだろう…乗ってこなければ、それはまたそのときに考えようと思った
カンタ
カンタ
いいけど、出すってどうやって、説明するの?
トミー
トミー
あ、それは気にしなくていいよ…俺が全部するからカンタは隣りに居てくれればいいよ
そう言うとまた、カンタは顔を赤く染め、俺に近づき、遠慮がちではあるが俺に抱きついてきた…誘ってんのか…
トミー
トミー
なんだよ笑顔真っ赤じゃん…本当、可愛いやつ…///
やはり、この計画を行うのは正解だな…こんな可愛いカンタを不安にもしたくないし、よかったよかった…さぁ、俺はこれからカンタに計画を行うために準備しないと駄目だなと思った
トミー
トミー
俺、撮影の準備してくるね
そう言って俺が立ち上がるとカンタも俺と同じように立ち上がった
カンタ
カンタ
え、俺がするよ?
トミー
トミー
いいよ、俺のことだから待ってて
さてと、俺は撮影部屋に行き、綺麗に片付けられていた部屋の机の上にパソコンを一台置き、ずっと隠してた小さい箱を俺のポケットの中に入れて、深呼吸して、リビングにいるカンタを呼んだ
トミー
トミー
カンタ〜準備できたよ〜
カンタ
カンタ
今行くー
部屋に来たカンタは綺麗に片付けられていた部屋を見て、驚いたのか少し微笑んで嬉しそうだ
カンタ
カンタ
え、めっちゃ綺麗じゃん…笑
トミー
トミー
お前が起きる前にずっと片付けてんたんだよ
カンタ
カンタ
珍しいじゃん笑
トミー
トミー
いいから笑ここに座って
カンタを誘導し、クッションのあるところへカンタを座らせ、やっとこの時が来たかと思いながらカンタにある忠告をした
トミー
トミー
俺が一人で話すから、隣で頷くなり、まぁ、いればいいだけだから
カンタ
カンタ
フォローとか相槌とかいらないの?
カンタが口を挟まないようにしたのは理由があるからだと自分の心の中で言い訳をしながら、不満そうなカンタをよそに俺は撮影を始めようとする
トミー
トミー
うん、じゃあ、撮るよ?
カンタ
カンタ
いいよ!
さぁ、やっと本番だ…これから何が起ころうと俺はカンタを守ると決めたからもう後悔はしない…さすがに緊張する気持ちを冷静に落ち着けて、俺はパソコンの電源をつけ、"生配信"を始めた
そして、普通の撮影を始めたかのようにカンタの隣りに座り、二人で同時にお辞儀をした
トミカン
トミカン
はいどうも〜

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りんた*
りんた*
りんた*と申します! NL&BLを主に投稿しようと思っています✌ ・ ・ 私の作品を読んでいただけた方に読んで良かったと思っていただけることを目標に作品を書けるように頑張りたいです💪 ・ ・ リクエストなどあればいつでも承りますのでよろしくお願いします🙇 趣味垢のインスタをしているのでもし、絡んでいただける方がいればお願いします インスタ👉m.kanta0404
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る