無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

💙💚💛💜❤💗💖
ヨンジュン
ヨンジュン
あ、ごめんね急に話しかけちゃって、びっくりしたよね(笑)
You
You
い、いえ、とととんでもないですぅ
ダメだ、何か上手く喋れないぃぃい
ヨンジュン
ヨンジュン
1年生の子だよね?やっぱり、近くで見たらめっちゃ可愛いじゃん
や、やっぱりって????前から見てたって事??
You
You
い、いえ、ソ、ソンナコト、ナイデスヨ
ヨンジュン
ヨンジュン
ふふっ何顔赤くしてんのぉ?可愛いw
何言ってんのこの人?私が可愛い?
ヨンジュン先輩とはあんまり関わらないようにしようって思ってたのにぃ、でも、話しかけてもらって、おまけにかっこいい先輩に可愛いとか言われたら、、、でも、、
色々考えてぼーっとしてると
You
You
あっ!!!
つまづいてしまった、すると何かが私の腰を支えてくれた
ヨンジュン
ヨンジュン
あっぶねぇ
顔近いっ!これ、少女漫画でよくあるやつじゃん!やば
You
You
ご、ごめんなさい!ついボーっとしちゃって
ヨンジュン
ヨンジュン
全然大丈夫だよっ、けがはないよね?
You
You
は、はい、大丈夫です!ありがとうございますぅ
はずすぎだよ
ヨンジュン
ヨンジュン
あ、俺こっちだから、ばいばーい
You
You
あ、あの!
ヨンジュン
ヨンジュン
ん?
You
You
私、1年三組のあなたって言います!
ヨンジュン
ヨンジュン
俺は、3年三組の、しってるとおもうけど、チェ・ヨンジュンですっよろしくね?
You
You
は、はいっ