無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

319
2019/08/14

第2話

ベランダから落ちるドッキリ だいちぃ
はい!今日は、だいち君にベランダから落ちるドッキリ仕掛けて見ようと思います!
はじめ君も協力してくれるって最強笑笑
ーーーーーーーーーーーーーー、
撮影の準備中
(こっそりカメラ回してます
あなた

(ベランダに座る

やふへゐ先生
ちょー、あなたそんなとこ座って落ちるよ〜
だいちぃ
落ちないでね〜
あなた

落ちないよ笑笑
大丈夫大丈夫笑笑

はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
じゃあ撮影はじめるよ〜
だいちぃ
トマ坊カメラ回して〜
トマトクン
オッケーですぅ
撮影開始
(もう始まってるけど笑笑
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
今日は〜!!
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
ひたすらスマブラをやりたいと思います!
あなた

イェーー!!

立ち上がった瞬間ふらつく
あなた

キャー

だいちぃ
))走り出す
あなた気絶したふり
だいちぃ
あなた!?
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
笑笑
やふへゐ先生
笑笑
トマトクン
笑笑
だいちぃ
なんでみんな笑ってんの!?
あなた

ドッキリ!!
大成功〜!!

だいちぃ
は!?
もぉ〜!!
だいちぃ
マジ本気で焦ったぁぁぁぁぁ!!