無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

第12話
色々あったけど、なんとか
ちぇぷりとしてメンバー入り出来て



遂にデビュー発表する日

すとぷりのライブの最後に私達が登場して、ちぇぷりについて説明する、という感じ
私はまた1人の楽屋を用意された

それにメイクさんやヘアメイクさんもいて…

凄すぎだと思った
衣装も着て、支度は済んだものの
あなた
あなた
暇だなぁ…
莉犬くんたちは本番前だし…

そんな時に扉が2回ノックされた
あなた
あなた
はーい
ピュレ
ピュレ
お邪魔するよー!!!!
明るい元気な声が楽屋に響き渡った
あなた
あなた
ピュレさん!
ピュレ
ピュレ
ちょっと暇だったから来ちゃったよー
あなた
あなた
私も思ってたんです!
ピュレ
ピュレ
やだー!一緒じゃんか!!
イエーイ!とハイタッチをする

ピュレさんはいつも明るくて元気で
その場にいる皆を笑顔にしちゃう
素敵な人
たい
たい
おー、ここにいたのね!
ゆら
ゆら
やっほーん
らら
らら
来ちゃいました!
わこ
わこ
うん
続いて皆さんが入って来る
あなた
あなた
え!皆さん!
たい
たい
というか、あなたちゃん固すぎ
敬語はずそ!タメ口でね
さすが最年長、といった感じで
大人の余裕がある

それに周りをよく見ていて、たいさんは
凄く頼りがいのあるお姉さん
ゆら
ゆら
お、あなたちゃん衣装似合ってるね〜
あれ、現役だっけ?
ゆらさんは不思議な雰囲気がある
でもその雰囲気は皆を安心させる

それに大食い選手のようによく食べる

なのにどうしてこんなに痩せてるのだろう


ちなみに私達の衣装は制服

私は赤のリボン、紺色のスカート、長袖シャツを腕まくりしている
あなた
あなた
私は15歳の高1だよ
たい
たい
えー!!?5歳も違うの…
たいさんが頭を抱える
らら
らら
あ、じゃあ同い歳だね!私も高1だよ
いつもほんわかしていて、穏やかで優しいららちゃんがぽんと手を叩く
わこ
わこ
私は高3
ピュレ
ピュレ
私も高3ー!
あなた
あなた
現役女子高生沢山いるね!
あはは、と笑い合う






本当にちぇぷりの皆がいい人で良かった