無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

第20話
今日は、莉犬くんとフリ合わせ
莉犬
莉犬
わーん!また間違えた!
頭を抱えながらしゃがみ込む莉犬くん
あなた
あなた
もう1回やろうりーぬくん!
どうやら莉犬くんはダンスが苦手みたいだ

なんでも完璧にこなしてる様だけど
誰しも苦手な事はあるんだなぁ
莉犬
莉犬
あなた上手すぎだよ…なんでそんなに覚え早いの!?
あなた
あなた
ちょっとだけ習ってたし…
くっそーと悔しそうに顔をしかめる莉犬くん

ちょっとそんな推しも可愛いと思ったのは内緒


いつもは莉犬くんが私の頼りになる
存在になってくれてるけど

今回は私が莉犬くんの、頼りになる存在になりたい
あなた
あなた
はい!りーぬくん
莉犬
莉犬
???
あなた、何これ
私は紙袋を莉犬くんに手渡す
あなた
あなた
見てみて!
分かった、と頷いて
莉犬くんが紙袋の中身を取り出す
莉犬
莉犬
…!これ…!
あなた
あなた
りーぬくんの為に、ノート作りました!
それは、以前からコツコツ書いていた
ダンスのフリを細かく書いたノート
莉犬
莉犬
俺の為…?
あなた
あなた
…いつもは、りーぬくんに頼りっぱなしの私だけど今回はやっと、りーぬくんも私を頼る事が出来るかもだから!
そう言うと莉犬くんはキュッと唇を噛み締めた

そしてニッコリ笑って
莉犬
莉犬
あなた大好きだよー!!!
抱きついてきた
あなた
あなた
わっ!
衝撃で情けない声が出てしまう

わぁ、私今推しに抱き締められてる!
莉犬
莉犬
じゃあ、今回はあなたを沢山頼らせてもらうよ!
あなた
あなた
うんうん!任せてね!