無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

第38話
──7年前 イベント終了後──
あなた
あなた
皆、突然で本当にごめんなさい
皆を楽屋に集めて私はまず頭を下げた
ピュレ
ピュレ
謝んないでよあなたちゃん!
てか、今まで1人で色んな事抱えてたんだね…こっちこそごめんね
たい
たい
そうよ、誰も悪くないんだから
あなた
あなた
うん…ありがとう、たいちゃんピュレちゃん
私は頭を上げて皆を見た
あなた
あなた
私…、Twitterは2週間後に消して、その時に携帯も新しく変えるつもり

だから、皆とは連絡を取らない
ころん
ころん
な!なんで…!
ころんくんが声を荒らげる
あなた
あなた
辛い時、皆と連絡を取っていたら楽になったり、少しでも元気が出るのかなって思ったの

でも、私は弱い人間だから…皆に連絡をとったりしたら私は…私は、好きな道に、歌い手に、ちぇぷりにすとぷりに、戻りたくなっちゃうから
あなた
あなた
だから、ごめんね
らら
らら
あなたちゃん…っ、あなた…ちゃん
泣きじゃくるららちゃんの頭を撫でた
あなた
あなた
あ!さっき読んだ手紙、皆に渡すね
そうして皆に手紙を渡していった
あなた
あなた
それじゃあ、皆…本当にありがとう
ジェル
ジェル
あなたちゃん…
ななもり
ななもり
あなたちゃん
あなた
あなた
皆と沢山の思い出作れて、よかった
さとみ
さとみ
あなたちゃん、
ころん
ころん
あなた…!
あなた
あなた
出逢えてよかった
私は少し見上げて目を瞑りこの3年の事を思い返す

楽しかったなぁ…
あなた
あなた
じゃあね
私は荷物を手に取った

そして、涙を堪えて笑顔で皆の方を見た
あなた
あなた
ばいばい
楽屋のドアをガチャリと閉めて廊下を歩いた

ポロポロと出てくる涙を拭く余裕なんてなかった


そんな時に、突然腕を掴まれた
あなた
あなた
…!
驚いて振り返ると
るぅと
るぅと
ハァ…ハァッ…
あなた
あなた
る…ぅとくん
息を切らしながらるぅとくんは
真っ直ぐに私の目を見た
るぅと
るぅと
いつか…いつか、
会いに来て、くれる?
あなた
あなた
…うん、私が弁護士になって、落ち着いたら
あなた
あなた
会いに行くからね
るぅとくんは少し笑った
るぅと
るぅと
あなたは…泣き虫なのに隠すから、もっと泣いてよかったのに
るぅとくんは私の涙を優しく拭った
あなた
あなた
最後くらい、笑顔でいたかったの…っ
るぅと
るぅと
あなたが頑張るから、僕も頑張ります
だから一緒だよ?
あなた
あなた
うん…うんっ…



































そう、7年前の約束、それは












皆に会いに行くこと