無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

番外編
作者
作者
番外編は基本的に莉犬くん視点になります!
作者
作者
という訳で、番外編もお願いします!
───────────────────────
あなたと再開して2年程経った俺達は
相変わらずな生活を送っている
莉犬
莉犬
みりぃ!あー!そこじゃない!!
みりぃ
みりぃ
む!難しいんですよ先輩!
俺達すとぷりもちぇぷりも
誰一人欠けることなく活動してる

ちなみに今は美里と家でゲームで遊んでいる
莉犬
莉犬
あーぁ!みりぃのせいで負けちゃったよ!
みりぃ
みりぃ
ええ!ごめんなさい先輩!
冗談ぽく笑った美里の顔を見て
美里が新しくちぇぷりに入って来た頃を思い出す
───────────────────────
莉犬
莉犬
俺は新しい子迎えるつもりは無い
あなたがいなくなってしまった後
俺の相方はあなただけだと、
あなたを忘れないでおこうと

だから、誰ともコンビを組もうとしなかった
さとみ
さとみ
だけどな、莉犬…
莉犬
莉犬
誰がなんと言おうと!俺のコンビはあなただけなんだ!
ななもり
ななもり
…まぁ、この子見て1回考えてみてよ
ポンとなーくんが俺の手に書類を握らせた
ななもり
ななもり
家帰ってからでもいいからさ、落ち着いたら見てみて…ね?莉犬くん
そう言うとなーくんは優しく笑ってくれた




なーくんに言われた通り封筒に
入った書類を確認する
莉犬
莉犬
新人候補…の子かな
書類をぱっと開くとそこには顔写真と
個人情報の諸々、その他沢山の事が書かれてた
莉犬
莉犬
みりぃ…ちゃん
本名と、活動名『みりぃ』の名前と一緒に
その子の写真を見てみる

俺よりも歳下なのに、沢山の事を
経験してきて、体験してきて、
他の人にはない力強い目をしていた
莉犬
莉犬
何だか…似てるな
思わずふっと笑ってしまう

そんな時、その他のメモ欄に衝撃的な
一言が書かれてあった
莉犬
莉犬
“お姉ちゃんを、あなたを、越えてやります…”
え?
莉犬
莉犬
えええええええええ!!!!
つまりこの子は…みりぃちゃんは、
あなたの妹?え、どういうこと!?