無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

第13話
スタッフ
皆さん、そろそろ出番なので
準備お願いします
みんなで楽しく話していると、スタッフさんが扉を開いてそう言った
ちぇぷり
ちぇぷり
はーい!
もう出番が目前だと聞いて、緊張が戻ってきた
あなた
あなた
うー…ドキドキするな
私以外の皆は、何かしらでライブ経験もある

つまりこのライブ、私にとっては初ライブ出演なのだ
あなた
あなた
皆慣れてるよね、貫禄があるっていうか余裕があるっていうか
たい
たい
まぁ、ライブには出たことあるけどさ
ピュレ
ピュレ
皆緊張するよー!何回やったってね!
わこ
わこ
心臓が口から出そうになる
らら
らら
私なんかいつも吐きそうになるよー
ゆら
ゆら
あなたちゃんだけじゃないよ、皆同じだから安心して
それにあなたちゃんは初めてだから私達に出来ることがあるなら頼ってねえ
あなた
あなた
皆…感謝しかないよ〜( > <。)
皆の優しさが、私を支えてくれる

少し泣きそうになった
ピュレ
ピュレ
私達!6人でちぇぷりだもんね!!




































いよいよ出番がやってきて


胸がドキドキしすぎて、

周りに聞こえてるんじゃないかって思うくらい
わこ
わこ
あなたちゃん、こっち
わこさんが私に来い来いと
手招きしている
不思議に思いながらそこに行くと皆がいて
手を合わせていた
たい
たい
あとあなたちゃんだけ!
ほら、手のせて!
あなた
あなた
はい!
いきなりちぇぷりになって、
色々なこともあったけど

きっとこの先もっと色々なことがあるんだろう

その度にこの仲間と、友達と、

越えて行くんだろう
ゆら
ゆら
いっくぞー!
ちぇぷり
ちぇぷり
ちぇぷりー!!!!
私達は勢いよく手をあげた